ぱらぷる帖


妄想暴走族。
by parapluplu

カテゴリ:観ル( 15 )

歩いても歩いても

なんと、初の是枝作品鑑賞(映画オンチのワタシです)。

一見あっさりしているが、この執拗な重ね具合は油絵のようだ。
家族の面倒臭さや不器用さや、怠惰も何もかも、ぜんぶ緻密に一枚の絵に塗りこめたような。

会話そのものには何の重要な意味がなくても、それぞれの発する言葉が重なり、混じりあって、蒸発して尚残る何かがあるということを微に入り細にいり丹念に描いた映画。

普段の家族の会話は、いわゆるドラマのようには構成されていない。誰かが話している間に他のメンバーがじっくり耳を傾ける、なんていうのはよっぽど大事な話でもないのではなかろうか。大家族ともなれば、雑多な会話が複数のラインで同時に交わされているものだ。

是枝監督はそれこそを描きたかったんじゃないかな、と。賛否は勿論あるのだろうが、しかし、だから監督の描きたいことはじっくり描き込めたんだろうなという感じ。

ちょうど2週間オランダに遊びに来ていた両親が帰国したばかりなので、この映画の、ワタシへの、染み込み方が深いような気がする。たぶん、違うタイミングで観ていたら、ここまで深く届かなかったかもしれない。でも何回か違うタイミングで観てみたい。その時々で引っかかり方も違うような気がするし。

阿部寛演じる次男・良多と、樹木希林演じる母親の、夜の台所での会話について言えば樹木希林があと3割ほど力を抜いて丁度良かったんじゃないかな、と思ったりもした。子供(長男)を亡くした親の執念と言う意味では何年経とうとも決して軽くなってはいかないだろうが、どうもあの瞬間の迫力だけが、やや映画から浮いてしまっているような印象を受けた。

YOU演じる長女・ちなみ、高橋和也演じるその旦那の物凄いバランスの下世話さというか普通さもよかった。しかしなー、原田芳雄(父親役)は、力みすぎ?どこかで北野武が言っていたらしいけど、樹木希林に喰われてしまう役者って多いんだろうなーと。その点、YOUは飄々としてたな。年を重ねるごとにいい俳優さんになっていってくれそうな予感。
[PR]
by parapluplu | 2012-04-17 02:48 | 観ル

Bridget Jones's Diary

会社の同僚からお借りする機会があったのですが、おそらくそういう機会でもなかったらたぶんずっと観なかったであろうな・・・・・・という立ち位置の『Bridget Jones's Diary』(笑)。しかし、観たら案外(失礼)面白かった、というのと、Colin Firth演ずる「Mr Darcy」が思いっきりツボにハマってしまったというのとで、たいした拾い物と相成りました。別に馬鹿にしてたわけでもないけど、ないがしろにはしてたかもしれない(コラコラ)ので、なんだかスミマセン(笑)。

2001年公開の映画だってんで、10年も前だし大流行していたし、
今更ネタバレもへったくれもなさそうなので、今回はこのまま行きマッス。

ストーリーもおそらく、ミナサマ周知のことかと思いますので思い切って今回はストーリーもなぞらず、ツボにハマったことのみ箇条書きにしておきます。ちなみに難点はといえば、安定感はあるものの描写不足ってところでしょうか。特にRenee扮する主人公Bridgetはもうちょっと細部まで描きこんでも良かったのかなぁ、と。さて以下は箇条書き。

1) Renee Zellwegerのイギリス英語がうますぎる。個人的には体重+13kgよりすごいと思う。
2) Hugh Grantの抜群の安定感と女たらしっぷり。
3) カメオ出演!Salman Rushdie!!
4) 友達3人のキャラも王道。ゲイの子が何気にいい味出していた。
5) そして・・・・Colin FirthのMr.Darcyが・・・・・・ツボすぎる・・・・・!!


ハイ、5)については目下熱くなりすぎているため、当然一行では書ききれませんので(笑)、書き足しておきましょう。いやー、2011年オスカー取ったし(King's Speech)、トム・フォード監督の「A Singleman」も気になってるし、このところ名前を聞かない日はないぐらいのColinですが・・・・・ワタクシ・・・・全くノーマークでした。馬鹿!ノロマ!と自分を呪いたくなるけど時既に(遅すぎるほど)遅し。でもまあいいや。ええんかい。しかしこんなに胸キュンキャラだとは思わなかったっスよ!こりゃ惚れんだろ!

まっすぐBridgetの目を見て(※以下訳すと気分でないので英語で)
「I don't think you are an idiot at all. I like you」※下線部の発音が超イギリス英語
「I like you......very much」

しかも全然ロマンチックじゃないトーンで言うところが(笑)。
当然ながらイギリス英語なところも。←そこ?

ところでこれはワタシの思い違いかもしれませんが、こっちの人たちっていきなりI love youとは言いませんよね。I like youから始まる。でもこの「I like you」が重要ポイントなんスよ!ここがトキメキポイントなんスよ!!これなくしてI love youには至らない大切な一言ですから。そんな大事な台詞をですね、あそこまで淡々とむしろ事務的なほどのトーンで言い放つ(しかも妙に堂々としてる)Mark。そりゃBridgetでなくても「....Thank you」としか言えないわな(笑)。まあとにかくこのMark Darcyがとにかく無表情で終始淡々としてるのに、目は常にBridgetと追ってるわけですな!!!ラブいな!!!法廷弁護士でスーツ着ると泣く子も黙るかっこよさなのに、クリスマスパーティーでは緑のトックリセーターにトナカイがバーン!と編みこまれたやつ、両親の結婚記念日には赤地に雪だるま柄のネクタイ・・・・とこれまたBridgetでなくても「なんでやねん」と内心ツッコみたくなるセンスのなさもまたキュン死ポイントを上げとります。それもこれもColinだからなんですよ!!!←興奮しすぎ!いやー、あの誠実さ、まっすぐさをああいうふうに演じられるColinはすごい。

今更バレバレの感ありだけど、イギリス英語の妙齢の親父が大好きということが判明(ていうか)。
Gary Oldmanしかり、John Hannaしかり、Colin Firthしかり・・・・・。アホ丸出しですが、英国産映画を観たあとは、思いっきりイギリス英語になります(笑)。Reneeほどではなくてもあんな風に喋れたらなぁ!
[PR]
by parapluplu | 2011-05-30 04:00 | 観ル

Black swan

っていうか!前回映画ネタUPしたのが2月だったということに物凄くびつくり。
なんやかんやとバタバタして映画見る時間もございませんでしたが。

偶然にも日本公開時期とカブる時期に、観ましたよ『Black swan』
ミシェルから「『king's speech』と『Black swan』どっち観る~?」と聞かれて、そういえばSPURでレビューが載ってたな、ぐらいの極軽なノリで「じゃあ『Black swan』かな」と。正直それぐらいの興味でした・・・・・

以下、ネタバレ要注意!の感想文
[PR]
by parapluplu | 2011-05-17 05:04 | 観ル

The Royal Tenenbaums

赤ジャージ!コント?!と公開当時(2001年だってびっくり)からずっと観たい観たいと思っていて、しかもレンタルビデオで2回ぐらい借りたことすらあって、でも忙殺されて観られずじまいだったという個人的に思い入れ大賞堂々1位、真打の登場です!

The Royal Tenenbaums

だいたい米英の映画を観るときはオプションがあれば極力音声+字幕で完璧装備にして挑むんですが(情けない)、今回はワケあって音声のみ。大丈夫かー?と思ったら案外大丈夫でした。字幕はオランダ語なんだけど、なんならそっちもちょっとわかったぐらいだよ。なのにミシェルがときどき解説したがるのでウザかった!しかも「さすがにそれぐらいわかるやろ!」っていうところに限って・・・・・!

軽く殺意。黙れテメー!と内心思いつつ。

以下、ネタバレあり感想文。
[PR]
by parapluplu | 2011-02-21 03:20 | 観ル

The Dark knight

師走で何かとバタバタしたり、風邪(ワタシ)や負傷(ミシェル)があったりしているうちに、ちょっと間が空いてしまいましたが。観ましたよ、とうとう!『The Dark Knight』を!!

Batmanシリーズですね。でもBatmanとタイトルに冠してないんだそうで(Wikiりました)。
Batman、今まで観た事なかったっス!観てたと思ったらそれはスパイダーマンだった
ぐらいのレベル(申し訳ナシ!)・・・・

バットマンといえば、日本に住んでたころ、ミシェルと電車に乗っていて、二人で「記憶スケッチアカデミー」ごっこをしていたところ(するなよ)、乗車してきて前に座った男性のTシャツがBatmanで、それを見たミシェルがもっすご嬉しそうに小声で主題歌を歌いながらBatmanマークを「記憶スケッチ」し始めまして。っていうか前に座ってるしネ!!歌ってるしネ!!すっげーヘタだったとしてもそれはBatmanですよネ?!(爆笑)という馬鹿馬鹿しいエピソードがありました。なつかしい。阪急京都線(どうでもいい)。超脱力の余談はさておき・・・

以下、ネタバレ込み感想
[PR]
by parapluplu | 2010-12-10 03:14 | 観ル

Four Weddings and a Funeral

タツコさーん!!!
観ましたよ!「Four Weddings and a Funeral」(邦題:フォー・ウェディング)!!!
いやー、Hugh Grant若いわー!
そして何故彼にはあんなに愛すべきダメ男役がハマるんだろう?
・・・・・というかこういう役以外の彼を見たことがないような(笑)
他の役やってるところ見てからじゃないと言えないけど、もしかして愛すべき大根役者なのかしら?
いやいやいやいや、Hugh Grant大好きなんで愛ある暴言ということで(笑)。

以下ネタバレ込み感想
[PR]
by parapluplu | 2010-11-24 06:17 | 観ル

Little Miss Sunshine

『Little Miss Sunshine』、これはずーっと観たいと思い続けてたんですが、なかなか機会がなかったんです。何故だか。でも本当に観たかったので、レンタルではなく珍しく購入。観たのは少し前の話になりますが、好きな映画だったので、感想書いておきます。

以下ネタバレ込み感想
[PR]
by parapluplu | 2010-11-19 06:20 | 観ル

It's complicated

ツイッターで薦めていただいた、『It's complicated』(邦題:恋するベーカリー)観ました~。
本題に入る前にこの邦題の痛々しさはどうでしょうか(笑)?というかこの邦題に変えることによって集客率というのは上がるんでしょうか・・・・?とてもそうは思えないが・・・・。目もあてられないような困った邦題が多い中、本作もなぁ・・・・「恋するベーカリー」って・・・・・日本語としても成立してねーじゃねーか、意味が(笑)。ベーカリーってパン屋だよな?そりゃまあ主人公はパン屋を経営してるんだけどもさぁ、「ベーカリー」と言うとき、果たして「・・・・を営業する人」と思う人っているのか?いないと思うんだけどなぁー。

と、邦題ネタでコテンパンにしておきながら、内容はというと
面白かったッス!!

以下ネタバレ込み感想
[PR]
by parapluplu | 2010-11-19 05:05 | 観ル

Inglourious Basterds

里帰り時にミシェルが「飛行機の中で観た(私は勿論機内で瀕死中)」と言うから、「ナヌ?!観たかったのに!」と口惜しく思っていた映画『Inglourious Basterds』、ようやく観ましたん!!!

以下ネタバレ込み感想
[PR]
by parapluplu | 2010-11-14 00:50 | 観ル

The Devil wears Prada

なんといっても、堰を切ったようにDVDをむさぼり観(何語?)しているワケなので、
『観ル』カテゴリばっかじゃん、記事のUPが!!って感じなんですがね!
ま、そのうちほとぼりが冷めるんだか持続してくんだかわかりませんが。

5本目は「The Devil wears Prada」です。
何故このセレクトか?といえば、Meryl Streepつながりです(この前にJulie&Juliaを観たのです)。

以下ネタバレ込み感想
[PR]
by parapluplu | 2010-11-10 04:37 | 観ル


カテゴリ
住ム
着ル
読ム
作ル
遊ブ
観ル
ひとりごと
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧