ぱらぷる帖


妄想暴走族。
by parapluplu

Bridget Jones's Diary

会社の同僚からお借りする機会があったのですが、おそらくそういう機会でもなかったらたぶんずっと観なかったであろうな・・・・・・という立ち位置の『Bridget Jones's Diary』(笑)。しかし、観たら案外(失礼)面白かった、というのと、Colin Firth演ずる「Mr Darcy」が思いっきりツボにハマってしまったというのとで、たいした拾い物と相成りました。別に馬鹿にしてたわけでもないけど、ないがしろにはしてたかもしれない(コラコラ)ので、なんだかスミマセン(笑)。

2001年公開の映画だってんで、10年も前だし大流行していたし、
今更ネタバレもへったくれもなさそうなので、今回はこのまま行きマッス。

ストーリーもおそらく、ミナサマ周知のことかと思いますので思い切って今回はストーリーもなぞらず、ツボにハマったことのみ箇条書きにしておきます。ちなみに難点はといえば、安定感はあるものの描写不足ってところでしょうか。特にRenee扮する主人公Bridgetはもうちょっと細部まで描きこんでも良かったのかなぁ、と。さて以下は箇条書き。

1) Renee Zellwegerのイギリス英語がうますぎる。個人的には体重+13kgよりすごいと思う。
2) Hugh Grantの抜群の安定感と女たらしっぷり。
3) カメオ出演!Salman Rushdie!!
4) 友達3人のキャラも王道。ゲイの子が何気にいい味出していた。
5) そして・・・・Colin FirthのMr.Darcyが・・・・・・ツボすぎる・・・・・!!


ハイ、5)については目下熱くなりすぎているため、当然一行では書ききれませんので(笑)、書き足しておきましょう。いやー、2011年オスカー取ったし(King's Speech)、トム・フォード監督の「A Singleman」も気になってるし、このところ名前を聞かない日はないぐらいのColinですが・・・・・ワタクシ・・・・全くノーマークでした。馬鹿!ノロマ!と自分を呪いたくなるけど時既に(遅すぎるほど)遅し。でもまあいいや。ええんかい。しかしこんなに胸キュンキャラだとは思わなかったっスよ!こりゃ惚れんだろ!

まっすぐBridgetの目を見て(※以下訳すと気分でないので英語で)
「I don't think you are an idiot at all. I like you」※下線部の発音が超イギリス英語
「I like you......very much」

しかも全然ロマンチックじゃないトーンで言うところが(笑)。
当然ながらイギリス英語なところも。←そこ?

ところでこれはワタシの思い違いかもしれませんが、こっちの人たちっていきなりI love youとは言いませんよね。I like youから始まる。でもこの「I like you」が重要ポイントなんスよ!ここがトキメキポイントなんスよ!!これなくしてI love youには至らない大切な一言ですから。そんな大事な台詞をですね、あそこまで淡々とむしろ事務的なほどのトーンで言い放つ(しかも妙に堂々としてる)Mark。そりゃBridgetでなくても「....Thank you」としか言えないわな(笑)。まあとにかくこのMark Darcyがとにかく無表情で終始淡々としてるのに、目は常にBridgetと追ってるわけですな!!!ラブいな!!!法廷弁護士でスーツ着ると泣く子も黙るかっこよさなのに、クリスマスパーティーでは緑のトックリセーターにトナカイがバーン!と編みこまれたやつ、両親の結婚記念日には赤地に雪だるま柄のネクタイ・・・・とこれまたBridgetでなくても「なんでやねん」と内心ツッコみたくなるセンスのなさもまたキュン死ポイントを上げとります。それもこれもColinだからなんですよ!!!←興奮しすぎ!いやー、あの誠実さ、まっすぐさをああいうふうに演じられるColinはすごい。

今更バレバレの感ありだけど、イギリス英語の妙齢の親父が大好きということが判明(ていうか)。
Gary Oldmanしかり、John Hannaしかり、Colin Firthしかり・・・・・。アホ丸出しですが、英国産映画を観たあとは、思いっきりイギリス英語になります(笑)。Reneeほどではなくてもあんな風に喋れたらなぁ!
[PR]
by parapluplu | 2011-05-30 04:00 | 観ル
<< Gent(Belgium) 終~了~!!! >>


カテゴリ
住ム
着ル
読ム
作ル
遊ブ
観ル
ひとりごと
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧