ぱらぷる帖


妄想暴走族。
by parapluplu

The Dark knight

師走で何かとバタバタしたり、風邪(ワタシ)や負傷(ミシェル)があったりしているうちに、ちょっと間が空いてしまいましたが。観ましたよ、とうとう!『The Dark Knight』を!!

Batmanシリーズですね。でもBatmanとタイトルに冠してないんだそうで(Wikiりました)。
Batman、今まで観た事なかったっス!観てたと思ったらそれはスパイダーマンだった
ぐらいのレベル(申し訳ナシ!)・・・・

バットマンといえば、日本に住んでたころ、ミシェルと電車に乗っていて、二人で「記憶スケッチアカデミー」ごっこをしていたところ(するなよ)、乗車してきて前に座った男性のTシャツがBatmanで、それを見たミシェルがもっすご嬉しそうに小声で主題歌を歌いながらBatmanマークを「記憶スケッチ」し始めまして。っていうか前に座ってるしネ!!歌ってるしネ!!すっげーヘタだったとしてもそれはBatmanですよネ?!(爆笑)という馬鹿馬鹿しいエピソードがありました。なつかしい。阪急京都線(どうでもいい)。超脱力の余談はさておき・・・




Heath Ledgerの怪演が噂に名高かったので、ずっと観たいなーとは思っていたのです。
が、なんとなく後回しになってました。ところが先日この映画にGaly Oldmanも出ていると耳にして、
やっとこさ本腰入れて観る気になった次第デス。相変わらずの遅さですが、マイペースで(笑)。

先述のとおり、全くBatmanに対する予備知識は無かったワケですが、それでも充分楽しめました。

ブルース・ウェイン(バットマン)って結構ヤな感じのキャラだったんですね(笑)。
Christian Bale、ハマり役だなー!!!
レストランで無理やりハーヴェイとレイチェルに同席し、迷惑がって「でも予約席だから・・・」と言う
ハーヴェイに「問題ないよ。ここは僕のレストランだから」的なこと言ったり、パーティにきれいどころの
お姉ちゃん3人も連れて現れたり(笑)、「ヤなやっちゃな!!コイツ!」とも思わせつつ。
・・・・いや、ゴッサム市の治安を良くしようと日夜努力してる、とかいろいろ苦悶もあるんだろうけども、少なくとも本作ではそのあたりの描写は控えめだったような気が。トゥーフェイスに「君こそがゴッサム市の真の英雄たりえる」と称えるシーンで若干、寂しさが伺えたかな?

そのトゥーフェイスことハーヴェイ・ケントを演じたAaron Eckhartもまたいい具合に役に合ってた。
まずあの正義感丸出し、のち復讐心に燃えるというキャラクターにぴったりのAaronの顔立ちが(笑)。
善悪、両方こなせる顔だもんなー(どちらか選ぶとあえて嫌味な悪役向きだけど)。ゴッサムの
地方検事としてバリバリ活躍し、検事補のレイチェルにもがっつりアタックし、前半はとにかく
これでもか!といわんばかりの大活躍。ところが後半愛するレイチェルを喪い、かつ自分の半身も
焼け爛れてしまうというすさまじい境遇というのを本当にうまく描いてましたねー。

紅一点のレイチェル役、Maggie Gyllenhaal。
弟のJakeとともに、好きな役者さんです(オサレだしね!関係ないけど)
でもBeautiful、Beautiful、と皆から絶賛されるほどの容姿なんだろうか果たして??とちょっぴり思ってしまった次第です(スミマセン!でも好きなのよ~!!わかって!)

そして新旧キレキャラ役(?)とでもいえる、注目のHeath LedgerとGary Oldman。
まずはHeath演じるジョーカーから行きましょうか!いやー本当に怪演でしたね。惜しい。つくづく惜しい、亡くなったのが。しかもオーヴァードーズだもんな。こんなに巧い役者さんだったんだなぁ。ちょっとジョニー・デップも彷彿とさせましたかね、このジョーカー。それにしても悲哀とおかしさと狂気をないまぜにして、自身もカオス状態のジョーカーをここまで演じられるというその力量に今更ながら感動しました。悲哀と狂気、だけでなく「おかしさ」がうまく混ざっているのがポイントかなぁ、と。バットマンにして「コイツは相当手強いな」とひるませるほどの冷徹さ。冒頭の登場シーンなんか最高でしたね。ピエロのマスク着用のマフィア達に銀行強盗をさせて、その共謀仲間を次々殺していくあたりなんてスピード感も相まって、そら恐ろしかったです。とにかく自分のみを信じてる、その強固なまでの信念に基づいて行動しているので、無敵!!って感じでした。

対するゴードン警部、Gary Oldman。
こちらも超有名どころ『LEON』などでキレ役としてもすばらしさを放つ役者さんですね!!
とにかくめまぐるしく変わっていく状況下で次々と指示を出していく様、殺されたと思われたのに、実は生きてたよ!とか、トゥーフェイスに子供たちと妻を人質にとられて苦悶する、などGaryが演じてるからスムースだけど、これってかなり難役だよなぁ、と観ながら実感。なかでも、特に今回はHeath演じるジョーカーと対峙するシーンが印象的でした。それにしてもGary、ちょっと痩せましたか?もともとこんなんだっけ・・・・?Garyについても興味本位でWikiってみたところ、なんでもキレキャラや悪役ばかり回ってくるので困ってたんですってねー!!いい人だ、つくづく。ますます好きになっちまっただ。

Batmanの要塞のカッコよさなど、単純にビジュアル面でも楽しめて面白かったッス!!
[PR]
by parapluplu | 2010-12-10 03:14 | 観ル
<< Merry Christmas... 到着!! >>


カテゴリ
住ム
着ル
読ム
作ル
遊ブ
観ル
ひとりごと
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧