ぱらぷる帖


妄想暴走族。
by parapluplu

天空の城ラピュタ

更新しすぎ?気にしない気にしない!

4本目は「天空の城ラピュタ」でございます。
いやもちろん、過去に数回観てます。ジブリ好き・オランダジブリ大使(自称)・ミシェルがセレクト(笑)
勿論ワタシもジブリ好きです~!

これに関しては、ネタばれも何もあったモンじゃないと思いますのでこのまま続けますが・・・・

っていうかこのクオリティを1986年に出してしまってるという時点でジブリの(宮崎駿の)凄さとその後の苦しさがわかろうってモンですよね。そして早すぎた傑作は当時いまひとつ観客数を伸ばさなかったってのがまた・・・・。しかし改めて観てみると、宮崎駿の「描きたいもの」がいかにブレていないかがよくわかります。文明社会の成長の末に科学の発達を間違った方向に使ってしまう、とか。ナウシカとも重なる部分が多いので驚きました。当時は全然別モノだと思ってたけど、シータ(幼少時代)が泣きながら草原を歩いていくシーンなんて、間違って「ランラーンランララランランラン」ってBGMが頭の中を流れたぐらいですし、ラピュタのロボットも「巨神兵?!」って(笑)。全く気がつかなかったなぁ!何より驚いたのが、タイガーモス号の整備担当のじっちゃんが「釜爺(「千と千尋の神隠し)」そっくり!!へええええー!あと、ドーラの息子と親方のファイトシーンも「紅の豚」を彷彿とさせるし・・・・・

そういう意味で、久々に鑑賞して新たな一面をいろいろ発見できました。
しつこいようだけど、1986年ですよ!?すげーなー!
[PR]
by parapluplu | 2010-11-09 00:01 | 観ル
<< The Devil wears... (500)Days of Su... >>


カテゴリ
住ム
着ル
読ム
作ル
遊ブ
観ル
ひとりごと
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧