ぱらぷる帖


妄想暴走族。
by parapluplu

It might get loud

地味にスタート、「観ル」カテゴリ。
いつまで続くか全く未知数ですが、先日ようやくこっちでレンタルビデオ屋の会員に(ミシェルが)なったので、二人して狂ったようにいろいろ借りては観ているので、備忘録的に。

第一回目は「It might get loud」
Trailerを観て、ミシェルと同時に「こ、これは観なければ!」と即決していた映画。

だって!!
エッジ(U2)と
ジャック・ホワイト(ホワイトストライプスetc)と
ジミー翁(レッド・ツェッペリン)だよ?!
・・・・だったんだが(笑)。




イマイチ感は否めず。
その理由としては、

1)長い(笑)
2)ギターのことを語りたい映画なのか、それぞれの音楽を語りたい映画なのかどっちつかず。

しかも、当然セッションを期待するじゃないスか。この3人集まってどんなんなるのよ!みたいな。
ところが、それぞれの持ち歌のリフをみんなでおさらいするシーンしかねぇんだもんよ・・・・・

がっくり!!!

ワタシは、U2もホワイトストライプスも、さらにはレッドツェッペリンも大好物で、だからこそ観たいと思ったんだが、こうやって3人並べるとどうしてもU2の音楽性の、というかエッジのギタースタイルの相容れなさが浮き彫りになっちゃって、違和感もあったしなぁ・・・。ジミー翁とジャックにはブルージーなルーツがあるんだけど、エッジだけはこう、如何にギターにエフェクトをかけるか、っていう方向に行ってて・・・。本当にギターが好きなのか、DJ的に「ギター音」が好きなのか微妙!!って感じだった。

でもまあ、いい年した男3人(ジャック入れたら可哀想か)が、ギター弾き始めるとみんな目がキラキラになって「あの曲のあのリフはどうやってんの!?」的につっこみあってる様は愛らしい感じはしたな(笑)。あと、Extraで未収録シーンがあったけど、これ「だけ」の映画のほうが良かったぐらいでは?!って思ってしまいました正直なところ(笑)。それぞれの歴史(しかも語り系)を思い切って割愛して、その分、それぞれの持ち歌を流したりするだけで充分だったよ多分。

ジミー翁はロバート・プラントが、
エッジはボノがいないと成り立たないっぽいんだけど、
ジャックは一人でドラムでもピアノでも出来ちゃって、いちばん若いのにいちばん俺様だった(褒めている)

ということで、期待していただけにめちゃくちゃ辛い評ですが。
ミシェルの感想:「まあもう観なくていいからいいんじゃないの」(爆笑)
[PR]
by parapluplu | 2010-11-08 20:00 | 観ル
<< めがね ガイコツ好きの男 >>


カテゴリ
住ム
着ル
読ム
作ル
遊ブ
観ル
ひとりごと
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧