ぱらぷる帖


妄想暴走族。
by parapluplu

「くいいじ」客観の女・安野モヨコ

d0159635_420236.jpg

一昨日は友人Maddy&Freek宅で、Freekが腕を振るった美味しい料理をゴチになってきました。
男の料理はやっぱ凝ってるんだよなぁ(笑)。ちなみにMaddyは料理はしない女。あそこまではっきり「しないわよ」と言えるのもまた男らしくていい(女なんだけど)。なんと森の木の実(ラズベリーやらブラックベリー)とリンゴのクランブルなんていうレストラン顔負けなデザートまで用意してくれてもう腹いっぺぇだ!!え?写真?勿論取り忘れてますとも(笑)!いつものことデス。

余所でご馳走になるのはこういう凝った洋食が嬉しいけど、
自分ではめっきり和食派。そんな和食ラブ!モードに拍車をかけるかのような・・・・

・・・・・安野モヨコ著「くいいじ(上・下巻)」を読みました(泣)!
白黒であそこまで美味しそうにご飯の絵を描けるというのがもうすごい。
でも安野モヨコの何がすごいといって、その徹底的な客観的視点だと思う。
「美人画報」(でのダイエット体験など)でもそうだし、
「監督不行届」(での夫婦仲エピソードOnly!)でもそうだったけど、
一歩間違えると独りよがりにしかならないネタを、安野モヨコが書く(描く)と不思議なほどに面白くなる。それは彼女の客観性ゆえではなかろーか、とワタシは踏んでいる。ヲタだけどお外遊び(サッカーとか?)が好きな、いわゆる健全な男子を求めていた頃・・・・とか、ダイエットをしてもまた食って戻っちゃうんだ!とか、きっちり共感持てる方向に持っていくのもうまいと思う。客観的ゆえに超現実思考なのにときおり夢見がちになるところもかわいいし。あの「ハッピーマニア」のシゲカヨですら、破天荒でダメダメなんだけど「なんかわかるわ」「こういうヤツいるわ」と暖かい同情を持って受け入れさせてしまう(笑)。あれを主観性たっぷりに描かれたら、うっとうしいだけだからなぁ・・・・。で、この「くいいじ」、面白かったデス。本人もまえがきで書いていたように、普通の味覚、普通の食生活を送っている人が食い意地が張っているというだけで(笑)書いた本というのはありそうでないし、なんといっても漫画家だから絵がうまい(笑)。景色を食べたいとかいかにも絵を描く人らしい発想も新鮮だった。あれは考えもつかない!ああー久々に美人画報読みたくなってきたなぁ。実家から送ってもらおう、今度。

・・・・あとまったくの余談ですが、文中の「!」の使い方も好きなんだよなぁ。
バカやろう!!とか(笑)
読みながら、あの絵面が浮かぶ感じ・・・・。まったくおそろしい女だ!!
[PR]
by parapluplu | 2010-10-06 03:45 | 読ム
<< 久々発揮の積極性。 顔が派手だと。 >>


カテゴリ
住ム
着ル
読ム
作ル
遊ブ
観ル
ひとりごと
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧