ぱらぷる帖


妄想暴走族。
by parapluplu

活字で飯三杯!

活字に始まった話では勿論なく身の回りのあらゆるモノに関する「所有欲」は尋常でないワタシですが(笑)、それでもやっぱ活字はいちばん”ないと困る”感高いデス。それがどんなしょーもないファッション雑誌であろうとも、活字だったら嬉しい。でもだからといってじゃあ日本語ならなんでも読みたいかというとそうでもない(例:新聞とか経済誌とか?)。それはコダワリと呼んでおくぜ。おきます。

そんな活字渇望の日々ですが、マイミクのひとっぷが雑誌や本を送ってくれたり(ひとっぷ!!本当にアリガトウ!ありがたく押し頂いて熟&完読させていただきました!)、オランダに遊びに来てくれた両親に「アレとアレとアレ買ってきてくれ!」と頼んでもってきてもらったりして、にわかに大充実。祝・読み物満載ライフ。

d0159635_3352982.jpg

↑これが想像をはるかに上回る内容の濃さでした。まー、リノベーションを「リノベ」とか(しかも表紙で)言っちゃうあたりがちゃっかりマガジンハウス、ばっちりブルータスな趣きですが(笑)、それも愛嬌!といえるぐらいの良さでした。表紙の家を見てミシェルが大興奮。「こんな家にしたい!!」・・・・いやそれは無理だから、みたいな!

d0159635_3351472.jpg

さて、日本語だけではなく、英語やオランダ語の雑誌もにわか大満載な今日この頃。
↑は大好き雑誌『flow』がヴァケーション特集号と通常号セット売り(この体裁ダイスキ)!そりゃ買うだろう!flowはきっとものすごーく日本のolive世代にウケそうだと常々思っていますが、内容もさることながら、毎号紙モノのオマケがすごい。ポストカードとかステッカーとかカワイイのがわんさかと。採算取れてるのか他人事ながら心配・・・!天晴、flow!

それ以外には、米英蘭のファッソン雑誌あれこれ(殆どがマディからのもらいもの)、ひとっぷからいただいた『告白』by湊かなえ、『まほろ駅前多田便利軒』by三浦しをん、などなどがっつり読みました。夏休みの課題図書的ノリだなぁー。あの課題図書ってキライじゃなかったけど、毎回チョイスがイマイチでしたねって話とんじまっただ。
[PR]
by parapluplu | 2010-07-14 03:52 | 読ム
<< ベンチ製作中!(中間報告2) インテリア部長便り6・じりじり... >>


カテゴリ
住ム
着ル
読ム
作ル
遊ブ
観ル
ひとりごと
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧